the books

高野 和明 / グレイヴディッガー (講談社/文庫)

個人的にただ一点のみを除いてかなり良かった作品!
適度なユーモア感覚と逃亡小説にミステリー、警察小説...
少しづつ様々な要素を取り込み、上手く消化した快作ではないですか?
凄い面白い!

ひたすら巻き込まれながら都内を逃亡し続ける主人公の
心意気と侠気。その行動力に超感情移入しまくりで、危うく
ラストで泣きそうになってしまった...。そんな作品じゃないのに。

きっとタイトルとアートワークと文庫裏のコメントで損してる作品。
スリラーというには余りにも心にジンっ...と染みすぎるし、思わず頬の緩む名作。

e0156857_1312931.jpg

[PR]



by neon_books | 2009-04-29 13:02 | 国内作家た~

private book review
by neon_books
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

最新のトラックバック

フォロー中のブログ

ファン

ブログジャンル

画像一覧