the books

誉田 哲也 / インビジブルレイン(光文社/ハードカバー)

個人的な期待を少し外した「ハング」、そしてこの姫川シリーズの
前作が短編集だったので、少しモヤモヤしていたところに
素晴らしいタイミングで姫川シリーズの新作となる第4弾の登場!
待望の長編です。

姫川個人も、姫川班にとってもターニングポイントとなりそうな
作品でしたねー。今作で一旦終了しそうにも読めるし、新たな
局面へと続くようにも読めます。
やはり眼の離せない作家さんですねー。

内容的には始終安心して読めるようなエンターテイメントな
警察小説。姫川vs事件、そして姫川vs官僚といった構図で
事件を追っていきます。幾つかおざなりになっている事も
ありますが、一気読みできるクオリティです。
そろそろこのシリーズも映像化されそうですねー。今作も
なんとなくそれを意識したような気もします。

e0156857_11552093.jpg

[PR]



by neon_books | 2009-11-20 11:55 | 国内作家は~

private book review
by neon_books
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

最新のトラックバック

フォロー中のブログ

ファン

ブログジャンル

画像一覧