the books

誉田 哲也 / 主よ、永遠の休息を(実業之日本社/ハードカバー)

やっぱり上手いよね。冒頭から一気にストーリー展開に
持っていかれます。ダラってするとこもないし、結末を
知りたくて手が止まらないことは確かです。
...ただなんとなく哀しい結末に向かって秒読みされて
いる雰囲気がつきまといます...。

で、うーん...段々ここ最近の誉田作品と自分の好みに
ズレを感じ始めています。今作もそのズレを更に
明確にしたような(あくまでも個人的にですが)
後味の悪い作品。なんとなく途中から
いやーな感じがしたんですが、正直この結末は
ツラい...。そもそも、プロット自体が結構キツいなぁ。
同じ重たくなってしまっても道尾さんの方が
も少し救いがあるような展開にしてくれるような気が
するんですよねー。

そろそろ武士道〜路線のスカっとする「明」の
方の誉田作品読みたいよー。

e0156857_910776.jpg

[PR]



by neon_books | 2010-03-24 09:10 | 国内作家は~

private book review
by neon_books
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

最新のトラックバック

フォロー中のブログ

ファン

ブログジャンル

画像一覧