the books

石持浅海 / トラップ・ハウス (光文社/単行本)

石持さんらしい作品。いや、本当に
色んな部分で石持作品だなぁ...と。
つまり...質のいい微妙な感じw。
脱出ものではなく、クローズ環境における
論理の積み重ねによるフーダニットかつ、
ホワイダニットものです。

大学卒業を控えた男女仲良し10人での
卒業旅行は、山奥に設置された
トレイラー・ハウスでの宿泊。到着するも
発起人の姿が見えず、彼等9人は犯人の
仕掛けた罠にハマり、脱出できない密室に
とじ込まれる。誰が何の為に??

というストーリーですが話が展開し出すと
割といつもの如くです。基本的に仕掛けられた
トラップは...画鋲w。なんかテロリストシリーズの
ような小さな嫌がらせです。でも、この仕掛けと
タイミングは悪意に満ちていて、実は結構怖い。

その真相は...正直相変わらずの動機...感が否めなくて
ある程度分かってしまう事。更にはその動機と
犯行のバランスの悪さはいつも通り。
質のいい微妙な作品たる所以...かしら?

e0156857_12233611.jpg

[PR]



by neon_books | 2013-02-11 12:23 | 国内作家あ~

private book review
by neon_books
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

最新のトラックバック

フォロー中のブログ

ファン

ブログジャンル

画像一覧