the books

葉真中顕 / ロスト・ケア (光文社/ハードカバー)

第16回日本ミステリー文学大賞新人賞受賞作。
デビュー作とは思えないほど堂々と、作品の
骨子が太くそしてグサリと突き刺さってきます。
ミステリの装丁を身に纏う事で自分のような
人間にも、見事にその重さと避けては絶対に
通れないこの先...を見事に提示してくれ、
自分自身が向かって考えないといけない...という
当たり前の事実を認識させて貰えます。
社会派ミステリーなんて枠を越えてでも
多くの人が手にして欲しい...と思える作品。

所謂コムスンの事件をベースに現代の
介護が抱える(というか単に先伸ばしに
している)問題、家族、高齢化...さらに
性善説、そして正義対正義と話は絵空事ではなく
確実に将来に待ち構えている事...について
淡々と抉るように展開されていく事に、
誰もが他人事...ではない現実と比べながら
身を削がれるような想いになってしまいます。

作中で犯人とされた「彼」がしてきた事の罪を
裁く現代社会と現代の法。「彼」の行ってきた
正義は一矢報いる事が出きるのか...。テーマが
重い...だけで済ませてしまうことが出来ない
痛烈な作品。

ちなみにミステリとしても犯人である「彼」
を追いつめる手法も見事でかなり面白い。
自分の今年のベスト3確実...っぽいです。

e0156857_018255.jpg

[PR]



by neon_books | 2013-04-08 00:18 | 国内作家は~

private book review
by neon_books
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

最新のトラックバック

フォロー中のブログ

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧