the books

西尾維新 / 憑物語 (講談社/講談社BOX)

今作のアートワークの童女...だれだったっけ...
と思いながら読み始めるも、例によっての前半部分は
どの部分の伏線になるのかも不明でアヤシい阿良々木くんの
ハーレムパートで幕を開けます。
今作は終焉に向かうラストシリーズの幕開けとの事ですが
阿良々木くん自身に起こる怪異を巡ってのお話。
そしてようやく表紙の童女...「斧乃木余接」の登場。

今作自体がラストに向けての伏線、そしてラスボスを
示唆するような描写もありましたが、
なんとなくミスリードを誘っているような節もあり
まだまだ目が離せない展開。確実に後にもう一線交える
事になるであろう圧倒的な暴力による陰陽師「影縫余弦」
の登場などが自然に展開され、ラストへ向かうにあたって
その序章感は充分。

やはり阿良々木くんに起こってしまったトラブルは
そのまま先送りだし、今作そのもののエンディングは
あっけないものの、ラストの戦場ケ原とのほっこりシーンに
一気に持っていかれます。

e0156857_015919.jpg

[PR]



by neon_books | 2014-10-27 00:01 | 国内作家な~

private book review
by neon_books
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

最新のトラックバック

フォロー中のブログ

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧