the books

2010年 10月 02日 ( 1 )




黒田 研二 / ふたり探偵 寝台特急「カシオペア」の二重密室(光文社/文庫)

クロケンのトラベルミステリ...ではないw。
その体裁をとってはいるものの電車内に
おける「孤島の密室」という状況を利用。

なんか妙に縛りのある作品で結構粗さや
後付け設定も多くミステリとしての評価は
正直...ビミョーかしら。ただ、そこらの
トラベルミステリとは一線を画するような
クロケンらしさを出そうとしてる意欲は充分。

恋人同士が身体と意識が一人にリンクして
一人が「ふたり探偵」として謎を解く。
その真相、動機...そして犯人、さらには
主人公「友梨」に秘められた謎...。
相当な推理と過程に強引さはあるが
ファンタジー・ミステリと思って読めば...ね。

e0156857_20335733.jpg

[PR]



by neon_books | 2010-10-02 20:34 | 国内作家か~

private book review
by neon_books
プロフィールを見る
画像一覧

最新のトラックバック

フォロー中のブログ

ファン

ブログジャンル

画像一覧