the books

2013年 01月 27日 ( 1 )




七尾与史 / ドS刑事 風が吹けば桶屋が儲かる殺人事件 (幻冬舎/単行本)

あ。うぅぅん...。みたいなビミョーな印象。
以前に読んだでデビュー2作と比べると
余計な茶々も少なくてすっきり読み易いし
キャラクターもまぁ、分かり易いのですが
いかんせん、ミステリとして読んでしまうと
かなり消化不良感が。

タイトル通りに、バタフライエフェクトのような
連鎖放火殺人が起こりその被害者は10人。
その真相に辿り着くんですが、犯人側が殺人の
ターゲットを探し出した事自体が不自然すぎる。
百歩譲ってキャラ小説だとしても、やはり
刑事が主人公とあれば、この点は痛いような...w。
女性主人公「黒井マヤ」の設定もドSという
キャッチだと少し噛み合ない気もするんですよね。

以外と多作な方のようなので、様子見つつ
他のシリーズにも挑戦しようと思います。

e0156857_19175192.jpg

[PR]



by neon_books | 2013-01-27 19:18 | 国内作家な~

private book review
by neon_books
プロフィールを見る
画像一覧

最新のトラックバック

フォロー中のブログ

ファン

ブログジャンル

画像一覧