the books

カテゴリ:国内作家その他( 20 )




新世紀「謎」倶楽部 / EDS緊急推理解決院 (光文社/単行本)

新世紀「謎」倶楽部の面々による合作式のミステリ。
それぞれが基本的には短編として独立して読める作品ですが
それぞれに作品や人物に言及している部分もあり、それを
更に二階堂黎人氏が全体のバランスをとるべく調整した...
ような、やはり合作の長編作。

新宿副都心に開設された「EDS 緊急推理解決院」という
警察では対応しきれない難事件や不可解な謎を、名探偵の
知力と名推理によって、早期に解決しようという施設。
あるクリスマスイブにこのEDSに持ち込まれた様々な
事件を専門分野ごとの探偵師と助師の鮮やかな解決が描かれます。

好みによって様々ですがどの事件(短編)もボリュームと
今作における変わった縛りのある中、充分に楽しめる内容。

参加作家は石持浅海、加賀美将之、黒田研二、小森健太朗、
高田崇史、柄刀一、鳥飼否宇、二階堂黎人、松尾由美の9名。
各作家さんが実際に書かれた探偵が登場するなどサービス面も
充分。まさか、クロケンの「銭山」ちゃんに再会できるとは
思わなかった!! そして烏賊川市のあの探偵も...少しだけ登場しますw。

e0156857_23355694.jpg

[PR]



by neon_books | 2013-03-21 00:08 | 国内作家その他

探偵Xからの挑戦状! season2(小学館/文庫)

NHKで放送された謎解き、犯人当ての為に作られた
ドラマと小説のメディアミックスシリーズの小説版の
第2作目。番組の都合上で今回は4話を放送していました。
その作家陣は辻真先、近藤史恵、井上夢人、我孫子武丸
と言ったミステリファンにはお馴染みな4人。

どの作品も犯人探しをメインに置いた安定した
内容で良質の短編として楽しめます。やや異質で
ミステリとしてギリのような井上夢人氏の作品が
個人的にはベスト! まるで頭の体操のようなほぼ
パズル問題なので、整理しつつ情報をメモして
数学的に考察していけば、その犯人は分かるのですが
それだけで終わったら単なるパズル。
ちゃんとミステリとして終わらせるというラストの
展開に思わず、快哉を上げたくなります。

今年もこのシリーズの放送も決まった模様です。
今回は更に減ってw、3作品の放映ですが
作家陣は北村薫、貫井徳郎、米澤穂信という
豪華な3名!! これは期待大! 最初の放送は3/23からです。

e0156857_7154480.jpg

[PR]



by neon_books | 2011-02-21 07:15 | 国内作家その他

放課後探偵団(東京創元社/文庫)

東京創元社が一押しする新進気鋭の5人の
若手作家による学園モノのミステリアンソロジー。
既にデビューを果たした方も、これからデビューを
控えてる方も...軒並み面白い作品です。流石の
東京創元社w。しかも文庫で発売ってのが素敵。

似鳥 鶏、鵜林 伸也、相沢 沙呼 、市井 豊、梓崎 優の
5名が参加。既にデビュー組の似鳥、相沢 沙呼 、梓崎
は流石の安定感。特に梓崎氏は圧倒的なデビュー作の
印象が強かったですが、こういった爽やかな学園
短編でもその美しさを発揮しています。早く次作が
待ち遠しくて堪らないです。

今後デビューの鵜林 、市井も引けを取らない
ユーモラスで爽やかな作品で早く単独作品を
読んでみたくなります。

どの作品も爽やかな読後感でミステリ的にも
しっかりとした骨格と展開のある作品で、これぞ
学園ミステリアンソロジーと言っていいのでは??

e0156857_161455.jpg

[PR]



by neon_books | 2010-12-08 16:01 | 国内作家その他

ポリリズム 音楽小説コレクション(ポプラ社/文庫)

小路幸也、伊藤たかみ、楡井亜木子、
芦原すなお、藤谷治、花村萬月の6名による
音楽と青春をテーマにしたアンソロジー。
どの作品も音楽と過ごした青春を喚起させる
素敵な内容です。

藤谷さんはあの名作「船に乗れ!」のその後の
作品でそれだけで胸がいっぱい。あの気難しい
主人公のラストもいいねー。
一番上手いなーと思うのは小路作品。
音楽小説を演奏家ではない視点で書きつつ、
しっかり当時のロックが鳴り響く作品に
なっています。実は自分も放送部...
憧れていたんですw。

文庫化にあたってタイトルも変わってるんですね。
どうしてもこのタイトルだとアレを思い出して
しまって...あの曲と内容がかなり違うので、
ちょっとどうかなー?と。あ、あと上條氏の
イラストも素敵ですが内容とのバランスが...。

e0156857_1685.jpg

[PR]



by neon_books | 2010-12-01 01:06 | 国内作家その他

まほろ市の殺人 推理アンソロジー(祥伝社/ノベルス)

もともと各作家が同名タイトルでそれぞれ
文庫で書き下ろした「まほろ市の殺人」を
ノベルスに纏めた一冊。今年に東京創元社から
発売された「蝦蟇倉市事件」の企画の
プロトタイプ(?)のような作品ですね。しかも
こちらの方が...面白かったりしますw。
単純に参加してる作家さんの力量なのかもですが。

その参加作家は、倉知淳、我孫子武丸、
麻耶雄嵩、有栖川有栖の4名。4作とも
中編としてのクオリティ高いっす。しっかりと
本格ミステリだし、どの作品もこの
「どうかしている街」、まほろ市を舞台に
世界を作っています。特に麻耶さんの作品は
上手く他の作品とのリンクや設定を
活かしており楽しめます。

ブックオフ100円コーナー、お世話になってますw。

e0156857_2525295.jpg

[PR]



by neon_books | 2010-11-25 02:53 | 国内作家その他

学園祭前夜 青春ミステリーアンソロジー(メディアファクトリー/文庫)

村崎友、五十嵐貴之、近藤史恵
三羽省吾、はやみねかおるの5人による
学園祭をテーマにした学園青春ミステリ集。
ほぼ書き下ろし。
どの作品もなかなか良く出来ていて、
学園祭の雰囲気や学園生活の匂いがリアルに
感じられます。まぁ、近藤さんの作品のみ
かなり異色ですが衝撃とインパクトは大です。
余りにも浮き過ぎですw。

個人的なベストは意外にも初読の
はやみね作品。一番微笑ましく、甘酸っぱく
青春学園作品、かつしっかりミステリという
キレのいい短編だった気がします。

自分の高校時代は学園祭がない学校でして...
高くも低くもない偏差値の公立だったんですが
学生が「祭」とは何事か!という当時の校長の
教育指針の元、学園祭はなかった訳です。
卒業3年後に校長が変わったらしく、その瞬間から
学園祭は開催されたそうですw。
そんな一人の指針の元に多くの高校生活の
キラキラした思い出が少なくともなかった訳で...
なので個人的に学園祭を目一杯満喫する高校生には
僻根性剥き出しな自分ですw。

というのはどーでもいいハナシ。今作はきっと
当時の空気や匂いや騒々しさを思い出させて
くれそうな軽快は作品集かもですね。
ただし近藤さん以外w。

e0156857_1193133.jpg

[PR]



by neon_books | 2010-11-19 01:19 | 国内作家その他

ミステリ★オールスターズ 本格ミステリ作家クラブ編(角川書店/単行本)

本格ミステリ作家クラブ23人による超豪華な
顔ぶれの全作書き下ろしの短編アンソロジー。
それぞれが力の入った短編を披露している事は
読んでいて明らかに分かります。流石に作家クラブの
設立10周年特別企画です。

今まで未読の作家さんも多く、そしてその方々が
困った事に面白かったりと自分的には発見も多く
実に身になる一冊でしたね、

ただ、作品数も多くて一気読みすると最初の作品の
印象をうっすら忘れるので序々に読む事を
オススメしますw。

参加作家さんは以下。
芦辺拓、飛鳥部勝則、伊井圭、井上雅彦、太田忠司、
奥田哲也、北村薫、小島正樹、小森健太朗、斎藤肇、
柄刀一、辻真先、鳥飼否宇、早見裕司、深水黎一郎、
藤岡真、松本寛大、汀こるもの、村瀬継弥、森谷明子、
門前典之、早見江堂、山沢晴雄、有栖川有栖、光原百合、
綾辻行人、法月綸太郎、西澤保彦。

あー。感想省いて行数稼いだw。

e0156857_11124132.jpg

[PR]



by neon_books | 2010-11-05 11:13 | 国内作家その他

学び舎は血を招く メフィスト学園1(講談社/ノベルス)

竹本健治、楠木誠一郎、古野まほろ、
福田栄一、日日日、門井慶喜の6名による
学園もののミステリアンソロジー。
恐らくまほろファンにとってはアリな一冊なの
かもですが、まほろ作品がハマらない自分に
してみると少々退屈な一冊となってしまった...。

初読、そして期待の日日日さんの作品はこれ
だけでは判断出来ないけど...ミステリという
よりはライトなホラーでちょっと残念。
基本的にメフィストと自分の相性は
良くないので...まぁ...仕方ないかなw。

e0156857_21531389.jpg

[PR]



by neon_books | 2010-09-24 21:53 | 国内作家その他

新世紀「謎」倶楽部 / 新世紀犯罪博覧会(光文社/ノベルス)

歌野晶午、篠田真由美、谺健二、二階堂黎人、
柄刀一、小森健太郎の6人が参加したユニット
新世紀「謎」倶楽部による競作アンソロジー。

実際に行われたというつくば市での企画
「21世紀に届く未来への手紙」をヒントにした
競作で各ストーリー共、14年後に届く未来への
タイムカプセルとしての手紙が事件を引き起こす
という設定。ここまで縛りがルールなのかな?
その中で各作家さんの個性と状況の使い方が
異なって読めるので非常に興味深い作品。

作品の面白さもですが(結果)今作の
キーとなった二階堂氏が個人的には
一番好みかな? 乱歩っすよ、乱歩w。

e0156857_1019373.jpg

[PR]



by neon_books | 2010-09-19 10:19 | 国内作家その他

ミステリ魂。校歌斉唱 メフィスト学園(講談社/ノベルス)

三雲岳斗、乾くるみ、石持浅海、浦賀和宏、矢野龍王の5人による
学園を舞台とした作品集。同時に出たミステリ愛。も良かったですが
今作も粒そろいで面白いです。

三雲さんは「幻獣坐」とリンクした主人公のストーリー。若干設定は
違いますが幻獣坐を読んでいると一層面白い、
乾さん、石持さんを挟んでトリッキーな2作品へ...という流れもいいですね。
浦賀作品は自分はこれが2作目なんですが、この方って他の作品も
「アレ」がテーマなんですか?? まさか...と思っていた展開だけにちょっと
ひいてしまいました。エロ系同人誌の作者とタイトルだけで2ページちょい
使うなんて荒業もww。

そして矢野さんのある種のバカミスのような作品。このくらいの
短編で読むなら全然アリです。まさかなぁ....と思っていたらやはり!!!の
結末。本当にそうだとは思わなかったっす。アホだなぁ~。

ということで今回の「ミステリ愛。」「ミステリ魂。」は2作ともアタリです。

e0156857_13431663.jpg

[PR]



by neon_books | 2010-04-09 13:43 | 国内作家その他

private book review
by neon_books
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

最新のトラックバック

フォロー中のブログ

ファン

ブログジャンル

画像一覧