the books

<   2008年 12月 ( 49 )   > この月の画像一覧




大倉 崇裕 / 聖域 (東京創元社/ハードカバー)

山岳小説...大好き。自分の普段の怠惰で
だらしのない生活とは180度違う、ストイックで
熱く、不器用で優しい男たちのストーリーだから...
なんでしょうね。憧れだし、男子としてやはり
強く惹かれる世界なのです。

ミステリーちしては正直犯人は割りと前半で
分かってしまったのですが...(笑)。
山岳小説であって山岳ミステリーではないと思えば
充分なのです。
欲を言うと、もっとベタベタに友情や男臭さを
前面に出してもらって、もっと泣きたかったなぁ。

山男に惚れるのは娘ばかりじゃないですよ。
e0156857_1939830.jpg

[PR]



by neon_books | 2008-12-28 19:53 | 国内作家あ~

西澤 保彦 / スナッチ (光文社/ハードカバー)

あれ?? ついぞ最近似たようなSFミステリーを
読んだばっかりな記憶が...(笑)。こういうケースって
あるもんなんですね。

面白く読みましたー。
ラストのサプライズは余りにもサービスっぽくて
そら出来過ぎやん! と突っ込みたくなるのですが、
これがあることによってストーリー全体が暖かい空気感で
ホワっと着地するこちが出来たんですね。

面白かったけど、余りにも読んだタイミングが悪すぎ(笑)。
e0156857_1932216.jpg

[PR]



by neon_books | 2008-12-28 19:32 | 国内作家な~

五条 瑛 / 赤い羊は肉を喰う (幻冬舎/ハードカバー)

ペンギンの行動原理を読んでちょっとビックリでした。
確かに人間の行動原理にも当て嵌まるんですね。

ここで書かれているような悪意の操作...とまでは
いかないけれど、現実にこのクニは近い状況に
なっていますよね。

誰かが赤く染まれば、序々にその周囲も赤く染まり、
その範囲は広くなり、速度を増していく。思考停止の奴隷。
もう止まらない。そして加速していく。
e0156857_19133643.jpg

[PR]



by neon_books | 2008-12-28 19:22 | 国内作家か~

天藤 真 / 殺しへの招待 (東京創元社/文庫)

おぉー...1973年。この時代にして、このスピードで
モダンな文体。凄いなー。
ややクドいかな?とも思えるくらいな細かい伏線と
その収拾の丁寧な作業により、犯人がごく自然に
分かるという、なんと丁寧なミステリーなんでしょう。

適度なユーモアや適度な毒も凄くバランスよく
味付けされてして、読んでいても飽きないです。

...あ! オリジナルの刊行は産報出版!!!
これ自分の父親が以前に働いていた会社でした(笑)。
e0156857_198304.jpg

[PR]



by neon_books | 2008-12-28 19:08 | 国内作家た~

中町 信 / 模倣の殺意 (東京創元社/文庫)

叙述トリックかぁ...と途中で分かってしまい、
ややガックリしたのは確かですが、解説を読んで
ビックリ! 1972年!!??

確かに叙述トリックの国内のオリジナルなのかもしれないですね。
そう思うとこれ以上シンプルなトリックはないでしょうし、これ以降の
叙述ものの全てのベースになるくらい太いし強いスね。

知名度は余りない作家さんらしいですが、どうしてなんですかね?
オブスキュア・ミステリー! FRICTIONのような作品(笑)。

e0156857_1922861.jpg

[PR]



by neon_books | 2008-12-28 19:03 | 国内作家な~

誉田 哲也 / ジウ Ⅰ (中央公論新社/文庫)

おぉー! 3時間ちょいで読めた(笑)。
いいっスねー。新幹線でビール飲みながら読んだら
絶対に面白いハズ。
Vシネマ感覚のアクションもの。決して軽んじている
訳ではなくて、しっかりと面白いし、キャラクターも
魅力的!!
ハードアクションに、適度なエッチ、そして恋愛チックな
味付けまでを盛り込んだバッチリな娯楽作。

速攻で続編買わなイカンな。

e0156857_11235389.jpg

[PR]



by neon_books | 2008-12-26 11:23 | 国内作家は~

道尾 秀介 / ラットマン (光文社/ハードカバー)

このミスランクイン作品。
カラスの親指が凄く面白かっただけに
やや期待をしすぎたのかな...。

基本的に面白くはあるのですが
ミステリー的な面白味としては個人的には
????な感じ。

なんだろ...自分が悪いのかしら。
e0156857_1894569.jpg

[PR]



by neon_books | 2008-12-25 18:09 | 国内作家ま~

坂木 司 / 動物園の鳥 (東京創元社/文庫)

自宅で読んでいて良かった。泣きたいときに
泣くことが出来たから。

10代の頃にいきなり観たブルーハーツの
「リンダ・リンダ」のライブビデオ...嘘臭いほどに
青臭くて、馬鹿馬鹿しいくらいに幼稚な理想論...
この3部作はそれと同じだ。

今からの自分は、まだ一歩を踏み込む勇気
があるのか? 踏み出せるのか? 間に合うのか?
後悔はないのか?
そして今でも「優しい唄が好きで、気が狂いそう」なのか??

流した涙のの分くらいは...まだやれる...よな。
e0156857_1344566.jpg

[PR]



by neon_books | 2008-12-25 13:44 | 国内作家さ~

雫井 脩介 / 犯罪小説家 (双葉社/ハードカバー)

面白いかツマラないかで言うとならば...面白い。
でもなんか違うんだよなー。余りにも登場人物が
少ない(ストーリー中で動いてる人物)から、自ずと
犯人が浮き彫りになってくるというハンディキャップ
を課した部分を差し引いても...やっぱりモノ足りない。

「火の粉」もそうでしたが肝心の狂気に至る順番や
その工程(?)が雑な気がするんですよね。そこを
サラって流す?みたいな。
きっと意図してるんでしょうけどね。
e0156857_1336146.jpg

[PR]



by neon_books | 2008-12-25 13:36 | 国内作家さ~

伊園 旬 / ブレイクスルー・トライアル (宝島社/ハードカバー)

こういったゲーム感覚のミステリーはツボですね。
きっと誘拐もの好きな理由と一緒ですね。

いつまで経っても幼少期をゲームに支配された
世代だし、色んな罠を巧妙にクリアしていくような
楽しさは活字でなくても共通してワクワクします。

と、テーマ自体が鉄板ネタなので当然面白いんですが
割りとコミックを読む感覚でした。それ以上でも
以下ない...ス。
ちなみに「このミス大賞」受賞作。
e0156857_13302774.jpg

[PR]



by neon_books | 2008-12-25 13:30 | 国内作家あ~

private book review
by neon_books
プロフィールを見る
画像一覧

最新のトラックバック

フォロー中のブログ

ファン

ブログジャンル

画像一覧