the books

小路 幸也 / うたうひと(祥伝社/ハードカバー)

他の作品からも充分に音楽を感じさせてくれる小路作品。
今回はもろにその音楽に関わる人物たちを描いた短編集。
いくつかの短編同士が微妙にリンクしているのも読んでいて
かなり楽しい。
自分にとって音楽ものの小説はどうしようもなくダメか、涙して
読んでしまうかの二極なんですが、今作は後者の方。
題材としてのみ扱う音楽ってのが嫌いなんです。その点、小路作品
にはしっかりと音楽が根付いているのが好ましいです。

今作では「笑うライオン」に涙してしまいました...。これは凄くいいです。
自分自身はバンドをやってる訳ではないですが、こういう浪花節的な
メンバー同士の繋がりを描かれると...涙腺の歯止めが利かない(笑)。

e0156857_12104549.jpg

[PR]



by neon_books | 2009-11-09 12:10 | 国内作家さ~

private book review
by neon_books
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

最新のトラックバック

フォロー中のブログ

ファン

ブログジャンル

画像一覧