人気ブログランキング |

the books

2009年 01月 02日 ( 5 )




今野 敏 / リオ (新潮社/文庫)

凄く久しぶりに読んだ今野敏。
印象はそのままですが、ストーリーがしっくりと
受け入れられるようになったのは自分も年齢を重ねた為?
凄く、質の高い、永遠のB級的な作品を書かせたら、日本イチ!!

若干、全共闘のくだりがしつこいかな...と感じましたが
きっと、ここをしっかり伝えないと主人公の樋口という人間像と
人物設定が成り立たない。
そう思えば十分許容できる描写に変化するんだね。
e0156857_15541260.jpg




by neon_books | 2009-01-02 15:54 | 国内作家か~

五十嵐 貴久 / 1985年の奇跡 (双葉社/文庫)

1985年は中学生だったけれど、この作品の中の
彼等とはかなり近い状況の日々。
ただ、ただ、毎日をやり過ごすことを重ねる日々。
自分と彼等との決定的な違いは、自分には友人と呼べる
人間がいなかった...ということ。

そしてそれは25年を経ようとしている今も
さほど変わりなく、未だに言い訳をしながら生きている。
まだ飽きずの言い訳をし続けているということ。

うーん...決断しなきゃね。

それはさておき、ドラマ化にしたら鉄板の青春モノで、
泣きあり、笑いありのエンターテイメント小説。この
時代に中高校生活を過ごした男子は誰が読んでも
間違いない作品。
e0156857_1549754.jpg




by neon_books | 2009-01-02 15:49 | 国内作家あ~

柄刀 一 / ifの迷宮 (光文社/文庫)

200ページ目で...断念。
たまたま気分的にこの手の本格派のミステリーが
ハマらなかったのか、作品自体が好みに合わなかったのか
は分かりませんが、その200ページに至るまでも相当な苦痛
を伴う読書でした。

後日、時間を空けて再読にチャレンジ!
e0156857_15421272.jpg




by neon_books | 2009-01-02 15:42 | 国内作家た~

近藤 史恵 / ガーデン (東京創元社/文庫)

サクリファイスはグッとくる文句なく、堪らない名作でした。
当然、その作者の他の作品を読みたくなるのは当たり前。

...が。うーん...。40歳を近くに控えたオッさんが読むには
少々難しい内容だったかも。2人の少女のナイーブで
壊れやすい感情や心情を理解、共有するのはさすがに苦しい。

とは言え、単純にストーリーを追うだけでも楽しめるくらいの
優れた作品。やはり作家さんの力量が素晴らしい。
e0156857_15385136.jpg




by neon_books | 2009-01-02 15:38 | 国内作家か~

柳原 慧 / いかさま師 (宝島社/文庫)

久しぶりに横溝正史を読んだような気分。
登場人物の血縁関係が入り組んでいてなかなか
分かりにくい。そこに絵画の贋作などのストーリーが
重なり、手こずりましたー。

絵画のくだりはどうも眉唾っぽくて、イマイチ
のめり込めずに...残念。これなら贋作を巡っての
コンゲーム風な頭脳戦のようなものを読みたい...て
思ってしまいます。
e0156857_15332963.jpg




by neon_books | 2009-01-02 15:33 | 国内作家や~

最新のトラックバック

フォロー中のブログ

ファン

ブログジャンル

画像一覧