人気ブログランキング |

the books

2009年 01月 15日 ( 1 )




山田 正紀 / ロシアン・ルーレット (集英社/ハードカバー)

ド名作だった「神狩り」でド肝を抜かれた
驚愕の論理展開。
今作えは毛色や手法は全く違いますが
作品の中におけるその論理展開は健在
のようです。

現実と幻想世界が錯綜する物語はともすれば
読み手が追いつかなくなり、白けてしまいそうに
なりますが、その均衡を保ちつつ、見事に着地!

でも、決して面白く、凄く印象に残る作品かと
いうと、それは微妙(笑)。
テーマが難しすぎるような気が...。

e0156857_16501853.jpg




by neon_books | 2009-01-15 16:50 | 国内作家や~

最新のトラックバック

フォロー中のブログ

ファン

ブログジャンル

画像一覧