the books

2009年 10月 22日 ( 2 )




日明 恩 / ロード&ゴー(双葉社/ハードカバー)

久しぶりの日明さんの新作!待ち望んでましたー。
その期待感を裏切らない、日明節全開の熱い作品。
素敵です。好きです。

鎮火報シリーズに近い作品で前述が消防隊だったのに対し
今回は救急隊員にスポットを浴びせています。
救急患者の受け入れ問題などニュースで見たりしますが、
今作を読んでからだとその認識も大きく変わります。
こういったあたりを作品の中に自然と、そして現実的な問題として
僕らに提起してくれるのが日明作品のしっかりしたところだと思います。
当然、その分好き嫌いは別れそうですが...。

グッと喉の奥が詰まって鼻の奥がツンとするような
シーンが何箇所もあって本当に電車内で泣く寸前でした。
素敵です。好きです。

e0156857_1434288.jpg

[PR]



by neon_books | 2009-10-22 14:03 | 国内作家た~

雫井 脩介 / 殺気(徳間書店/ハードカバー)

確かに雫井作品の新天地...ではあるのかも。
こんな作風だったっけ?と思わせるコミカルな
軽いタッチを織り交ぜての青春ミステリー風な
作品は意外です。

この主人公の持つ能力自体はなかなか
面白いんですが、ストーリー全体の謎と細かい
展開とが、なんだかイマイチ噛み合ってないような
印象が残ります。様々な部分が溶け合っていなくて、
全体的に長い割には、パキっとせずにダラーと
書き連ねたようになってしまってませんかね...?

e0156857_10565835.jpg

[PR]



by neon_books | 2009-10-22 10:57 | 国内作家さ~

private book review
by neon_books
プロフィールを見る
画像一覧

最新のトラックバック

フォロー中のブログ

ファン

ブログジャンル

画像一覧