the books

2013年 01月 21日 ( 1 )




伊坂幸太郎 / 残り全部バケーション (集英社/単行本)

みんなの好きな伊坂作品のやつです!! 登場人物の
キャラクター、その会話のテンポ、台詞。
これこれ!! って感じの伊坂節っていう方の作品です。
もう、表題タイトルからして秀逸ですよね。自分も
「残り全部バケーション」の心意気で今、暮らしてる
ようなもんです。生活はスゲー大変だけどw。

飄々とした悪党「溝口」と「岡田」の
コンビを基本的に描いたチャーミングな
アウトロー達がメインですがその表題作から
始まって、時間軸も登場人物もシャッフルされた
短編達がところどころでカチリカチリっと
ハマっていくスタイルにより様々な人物と
事柄が繋がっていく例のアレです。
伏線回収というよりは人物相関図の上手さと、
各キャラクタの会話の妙が抜群。
引用したくなる台詞のオンパレード。
音楽で言うと耳に残る短いフレーズや
メロディが詰まったような...。いいわー。

ラスト1編の書き下ろしのスピード感と
熱さによって作品全体の印象も大きく変わって
くる秀逸の1編なのですが、賛否両論ありそうな
ラストも個人的には、凄くカッコいい。
このラストシーンは映像にしても絶対に
鳥肌もの。読み終えるのが寂しくなるくらいに
読んでいて楽しい一冊。

e0156857_125441.jpg

[PR]



by neon_books | 2013-01-21 01:02 | 国内作家あ~

private book review
by neon_books
プロフィールを見る
画像一覧

最新のトラックバック

フォロー中のブログ

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧