the books

2013年 01月 24日 ( 1 )




木内一裕 / 神様の贈り物 (講談社/ハードカバー) 

好きな作家さんのうちの一人、木内さんの
現時点での最新作。なんと小説家としての
デビュー作「藁の盾」が映画化されるようですね。
漫画家としても成功し、小説家に転向してからも
結果を出して...凄い方です。

今作は感情...「心」を持たない「チャンス」という
男が主人公。彼は幼い頃からクリューヴァー・ビューシー
症候群という障害を持ち、凄絶な過去を持つ。
そんな彼をプロの殺し屋として育てあげ、歪な形で
愛情を注いだ「ヨモギダ」という男の関係が
極端な形で書かれており、トンデモな設定ながら
妙に胸に残るのは...自分が好きな作家の作品という
贔屓目目線なのでしょうか?
ただし、圧倒的にボリューム不足w。これでは
軽く見られてしまいそうです。

「チャンス」が心を取り戻し、人間として
改めて生きようとする姿は前向きなのに、
その余りにも清算不可能な過去を考えると
残酷でもある。そんな男の不思議な物語。
シザーハンズとか、フランケンシュタインとか...
そんな事を思い出しました。

e0156857_18102860.jpg

[PR]



by neon_books | 2013-01-24 18:10 | 国内作家か~

private book review
by neon_books
プロフィールを見る
画像一覧

最新のトラックバック

フォロー中のブログ

ファン

ブログジャンル

画像一覧