人気ブログランキング |

the books

2013年 03月 10日 ( 1 )




至道流星 / 大日本サムライガール 1 (星海社/単行本)

会社経営、投資家の側面も持ちつつ、政治、経済、
芸能界にも一言ある作者が、どうやら本気で
取り組んだ(と思われる)このシリーズ。
類い稀な美しいルックスを持ちながら、自らを
真正なる右翼は、日本にただ一人、自分のみ。と
叫ぶ政治結社の総統「神楽日毬」。
そんな彼女と縁を持ち2人で芸能界に殴り込みを
かける「織葉颯斗」との...キャラ小説...でいいんだよね。

彼女は日本における独裁者になるべく、真の
政治家を目指すその過程としてアイドルになり
自分の主張、思想を巻き散らかしていくw。
この辺は痛快だったりします。そこで語られる
彼女のこの国の在るべき姿が、正しいかどうかは
別ですし、そもそも今作に本気で政治的な突っ込みとか、
右や左の思想や、歴史的史実に基づいての反証や反論は
しない方がいいし、そもそもアイコンとして
面白いから...という感覚の延長上で本気の作品
だと勝手に思ってます。

そういうキャラの美少女がどのように作中で
楽しませてくれるか...のみを楽しむべき?

e0156857_6331229.jpg




by neon_books | 2013-03-10 06:32 | 国内作家さ~

最新のトラックバック

フォロー中のブログ

ファン

ブログジャンル

画像一覧