人気ブログランキング |

the books

2013年 03月 18日 ( 1 )




織田啓一郎 / 谷中ゲリラアーチスト (徳間書店/単行本)

発売前から一部で熱狂的に賞賛されていた作品だけに
期待感は高くなってしまっていた所為か...意外と
読み終わってみれば...うーん...。

中年に差し掛かっても未だにアルバイトとして
ギリギリの暮らしをする玩具メーカー勤務の
主人公「梅田」。彼の若干破綻した性格と怠惰な暮らし、
そして基本的に無責任っぷりに、なんだか普通に
どの会社にもいる苦手なタイプ...としてとらえてしまい
個人的にはストーリーに対してかなり醒めた意識で
読んでしまった為...ちょっとついていけず仕舞でしたね。
作品のテンションに対してラストが切ないのは
気持ちをどこに持っていったらよいのか...。むー。

終盤にライバル会社に対してきった「真のアーティスト~云々」の
熱い台詞も、彼が言うとその説得力も薄く...苦笑いになってしまう。
あまりにもリアルに梅田のダメっぷりが書かれている為、
ゴミ溜にいるのは自業自得じゃん...的な突っ込みを入れたくなってしまうw。
そういった意味では誰でもが「梅田」的なダメ要素を抱えながら
日々暮らしている訳で...リアルで身近な作品なのかも。

e0156857_062224.jpg




by neon_books | 2013-03-18 00:07 | 国内作家あ~

最新のトラックバック

フォロー中のブログ

ファン

ブログジャンル

画像一覧