the books

<   2009年 03月 ( 40 )   > この月の画像一覧




中野 順一 / セカンド・サイト (文藝春秋/ハードカバー)

歌舞伎町を舞台に繰り広げられるダークなクライム小説。
この当時…2003年頃はこういったテイストのものが
流行ってたんでしょうね。当時に読んでいたら違う印象なんだろうけど、
今初めて読むには少々キツい。

作者の人の良さが随所に出たノワール感は
やはり中途半端な印象を受けても仕方ない…よね。
主人公の一命を救う件は…わざととは言え…あんまりだよー。

サントリーミステリー大賞の最後の受賞作(笑)。

e0156857_928277.jpg




by neon_books | 2009-03-23 09:29 | 国内作家な~

荻原 浩 / メリーゴーランド (新潮社/文庫)

こういった作品の感想って意外と難しいっすね。

ただ凄く印象的だった「千年先までそうしてろ!」
これは今の自分は言う側の人間なんだろうか...
言われる側の人間なんだろうか...。

e0156857_141190.jpg




by neon_books | 2009-03-23 01:05 | 国内作家あ~

松岡 圭祐 / クラシックシリーズ3 千里眼 運命の暗示 完全版 (角川書店/文庫)

壮大な...というよりはまるでコントのような絶体絶命を
何度もくぐり抜け、たった一人で世界を救う女性...。
最終的には気を操り、ドラゴンボールの如く「かめはめ波」
的なものまで炸裂!!
さすがにここまで来ると...まともに着いて行くには
それなりのテンションでないと対応できひん(笑)。

まだまだ決着は着きそうにないけど...どうしよ。続き
読むべきなんでしょうか?

e0156857_1710224.jpg




by neon_books | 2009-03-22 17:11 | 国内作家ま~

麻見 和史 / 真夜中のタランテラ (東京創元

個人的な感想としては善くも悪くもミステリ・フロンティア
っぽいなー...というありきたりのものっすねー。
ロジカルにではないけれど、経験値(?)からかなり最初の方で
事件の大筋が見えてしまったし...。
事件そのものも...正直よく分からん(笑)。

ミステリ・ファンからしたら評価高いのかしら?

e0156857_1153847.jpg




by neon_books | 2009-03-19 11:06 | 国内作家あ~

黒田 研二 / カンニング少女 (文芸春秋/文庫)

うんうん。瑞々しい恋愛と、青春小説と、意外な題材な
受験カンニングとの組み合わせは...結果上手くハマった
面白く読める作品ですねー。いい歳のオッさんが
読むにはやや、気恥ずかしいですが...(笑)。

自分の年代でカンニングというと映画の「ザ・カンニング」
なんですが、時代は違う(笑)。超ハイテクなカンニングな
方法は
やや現実味に欠け、実践向きではないですが、そこを突っ込むのは
無粋ですよね。
オビコメント通りの「胸キュンコンゲーム小説」!

e0156857_1152845.jpg




by neon_books | 2009-03-18 11:04 | 国内作家か~

有川 浩 / 三匹のおっさん (文芸春秋/ハードカバー)

つい、つい、フラリと寄ってしまった本屋で堂々と
平積みされてたから...。あぁぁ...今月余裕ないのに...。
まだ読んでない本、家と会社に山盛りあるのに...。

そして困った事にやっぱり...いいですねー。昔から
こういったジイさんものには滅法弱い。無条件でグッときます。
第三話での最後のあのセリフ...ズルいよ。あんな事を
サラってこんな破天荒なジイさんに言わせるなんてー。
ズルいよー。

e0156857_046310.jpg




by neon_books | 2009-03-17 00:45 | 国内作家あ~

伊園 旬 / ソリューション・ゲーム 日常業務の謎 (宝島社/ハードカバー)

アレ? 前作ってこんな感じだったっけ??
つーくらいに軽快で面白いですね。「このミス」大賞シリーズ
の2作目以降って結構微妙な作品が多かったような気がするんですが
今作はこの2作目の方が良いのでは?

短編連作形式にしたのが良かったんでしょうねー。
そして大掛かりな仕掛けのストーリーではないのも、
主人公の描き方も大げさでなく、現実的で引き込まれますね。
その主人公を支える飄々としつつ、超毒っ気たっぷりな上司の
キャラが秀逸。シリーズ化して欲しいなー。

オビコメントの「IT企業版 スパイ大作戦」には
騙されたけど結果OK(笑)。

e0156857_22271189.jpg




by neon_books | 2009-03-16 22:28 | 国内作家あ~

山田 悠介 / ライヴ (角川書店/単行本)

リアル鬼ごっこだけではまだ良く分からないので
05年の作品を選んでみました...。
うーん...やっぱり最低限のルールというか
基本というか...そういった部分って必要なんではないのかしら?

この規格外のストーリー設定に対して特に説明的な要素
が全くないのは別に構わないとは思いますが、
ライヴと付けたタイトルへのアプローチが...首を捻らざるを
得なかったり、ストーリーの終盤の余りな雑さは
お粗末すぎる気がしちゃいます...。

後1作だけ読んで...みよっかな。

e0156857_131336.jpg




by neon_books | 2009-03-16 13:02 | 国内作家や~

永瀬 隼介 / Dojo 道場 (文芸春秋/文庫)

たんなる格闘小説ではないのね。
割と夢枕獏のアノ感じを期待していたのですが...。
格闘シーンの描写もそれなりに引き込まれますが
やはり、獏氏のアノ独特の表現には...及ばずかしら。

出来たらベタベタで浪花節の格闘モノにした方が
主人公のキャラや彼を支える指導員の健三達のキャラが
もっと活きてきたような気も...。

e0156857_1304753.jpg




by neon_books | 2009-03-16 13:00 | 国内作家な~

高野 和明 / 幽霊人命救助隊 (文藝春秋/ハードカバー)

予想していた通りの話しで安心しました。
本当はこういった設定(幽霊とかね)は苦手だし、
幽霊の出来ることにも、細かい部分では、かなり強引な
設定で突っ込みたくなるのは、ミステリー寄りの思考が故か...。

でも、そんなこと関係なく、ほっこり出来るお話しですし
全体的にはとても好きです。
ただ、中盤は同じような展開が続くのでちょっとダレて
しまったかな...。中盤でも少し別の展開があるとよかったかも。

e0156857_16423593.jpg




by neon_books | 2009-03-13 16:42 | 国内作家た~
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

最新のトラックバック

フォロー中のブログ

ファン

ブログジャンル

画像一覧